栄養士になりたい

>

活躍の場について

この記事をシェアする

福祉や学校などの場面で

初めに、福祉施設、学校などで栄養士としてとして活躍している方の、現場での色々な活躍内容について、調べてみました。まずは、保育園や児童養護施設などでは入学前の子供たちに離乳食や幼児職のメニューを考えます。中には食物アレルギーがある子供もいます。食事を管理するということは命の管理でもあります。食事のメニュ―を考える時保護者や保育士との連携だけでなく、医療関係との連携が必要な場合もあります。
小学校、中学校では、食育の立場でも食生活について子供たちに指導をして行きます。ここでは子供たちが食材、料理についてきちんと正しい知識の元、しっかりと料理に対する興味関心を育て、将来的に正しい食生活を送る事が出来るように食事と栄養に対する知識を教育して行きます。
学校の給食の献立表などでは、栄養素の計算をしてわかりやすく説明をしています。

食の管理が徹底している現場で

食の管理が徹底している現場と言うと、栄養士が、医療関係やアスリートの為にサポートとして活躍される場があります。
医療関係での栄養士の仕事は、栄養の専門職として、食事に対して栄養の管理をします。病院では医師や看護師などと一緒に医療チームとして協力する場合もあります。医療と合わせ、高度な栄養の知識と技術を要します。
アスリートや、スポーツをする子供たちの為にも、運動能力を高めるための食事をアドバイスもしています。
また、スポーツ団体の監督やコーチからのニーズも高く、運動をするための体つくりのもとに栄養の効果的な摂取法など栄養について指導して行きます。
また、高度な食育をするにあたり、研究や教育事業部もあります。