栄養士になりたい

>

栄養を考える食のスペシャリストとして

この記事をシェアする

栄養士として、栄養士に求められること

栄養士として求められることに、その職業ならではの倫理感について考えていきたいと思います。職業倫理を持って、栄養士として行うことや、守ることがあると思います。それは、どんなものなのでしょうか。
仕事をして行くにあたり、目的や目標があるかと思います。それから仕事をするにはその責任や使命があります。
栄養士とは、食の指導をする専門的な職業です。それは医療行為と等しく、食を指導するということは、人の体を預かることと同じ意味があります。栄養士の職業倫理は、一般の医療倫理と等しいと思います。
また、昨今の、高齢化により更に栄養士の役割が社会的にも大きくなってきていると思います。このことより、より倫理観が大きな意味を持つと思います。

栄養士の種類

栄養士のほかに、管理栄養士という資格があります。ここでは、管理栄養士についても調べ、またその二つの資格の違いについても述べて行きたいと思います。では、栄養士と管理栄養士の資格には、違いはどのようなものなのでしょうか。まず、栄養士になるには先程も触れたように、栄養士養成施設を卒業し、都道府県で免許の申請をして、資格免許を発行してもらう、というものでした。つまり、栄養士育成施設を卒業することで栄養士になれます。そして主に健康な方への食事のアドバイスや管理を行います。しかし、管理栄養士は、厚生労働大臣の免許が必要な国家資格です。栄養士とは違い、国家試験があります。これに合格した人が管理栄養士となります。そして病院などで食事が難しい方やお年寄りなどが主に食事の管理を行っていきます。栄養士の免許習得後に、栄養士として仕事をしつつ、管理栄養士の試験を受けて、その後合格し、管理栄養士となる人もいます。