栄養士になりたい

>

栄養士とはどんな仕事をするのか

この記事をシェアする

栄養士の資格を取るには

栄養士資格を取るには、栄養士資格を養成するコースのある大学、短大、専門学校などを卒業することが必要です。卒業さえすれば、特に資格を取るときに試験があるわけではありません。各都道府県などにより方法は違いがあるかと思いますが、免許申請の手続きを取りましょう。その後「国家資格」として、各都道府県からその資格を与えられます。一度この資格を習得すると更新手続きもなく、期限もありません。仮に都合によってしばらく職を離れてしまうケースがあったとしても、復職することもできます。より高度な専門的な知識を得るのならば4年制で学ばれることが良いでしょう。高度な専門知識を得ることは、活躍の場が広がる可能性も増えます。
栄養士資格は重宝されることも多く、資格手当がつく場合もあります。

免許申請の手続きについて

免許申請書の手続きは各都道府県にて申請書を提出します。
この場合、申請書は、ほとんどの自治体ホームページからダウンロードできます。
また、保健所や、保健センターなどにも置いてある場合もありますので、ホームページをチェックしましょう。
そのほかに必要なものは発行から6か月以内の戸籍謄本や住民票で、住民票の場合は本籍地と筆頭者が記載されているものが必要です。また、マイナンバーが記載されてないことも確認してください。 そのほかには、卒業証明書と、履修証明書と印鑑が必要になります。そして収入印紙の購入が必要になりますが、これは各都道府県により収入印紙購入できる場所があるかと思いますので、指示に従って、そちらで購入してください。